0・1・2歳 子育て支援サークルベビママひろば(@港北区大倉山)

横浜市港北区大倉山にて0・1・2歳の赤ちゃんとママのための 育児交流会(ふれあい遊びと交流)をはじめ・リトミック・英語・骨盤エクササイズ、その他子連れで楽しめる単発イベントも企画していきます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

単発イベント【絵本講座】(増設日程)

1 月の単発イベント【絵本講座】に定員を越える多数のお申込みを
いただき、2月に日程を増設して、2グループに分けての開催となりました。

今回は当日欠席もあり、予定の15名のところ7組の皆様の
ご参加となりました。
ご参加の皆様ありがとうございました。

今回も講師に絵本で子育てセンターの絵本講師北素子先生に
お越しいただき
「絵本育児のススメ」と題してお話をいただきました。
前回の1月のイベントの様子はこちら


P1080868.gif 
P1080875.gif 
P1080876.gif 


とかく「読み聞かせ」という言葉にとらわれて、
「最後まで聞いてくれない」
「すぐにページをめくってしまう」
「すぐにかじったり投げて遊んでしまう」
と悩んでしまうものですが、

先生のお話の中で
最後まで読み切ることが目的ではない
表情を読みながら、同じページばかり見る我が子を
観察しておもしろがるくらいの余裕が大切。

ページをめくれるって事は 指先が発達した証拠
ページをめくるってことは、次々出てくる絵を楽しんでいる=絵本が好き
舐める・破るも、いつかは思い出になる。そんな風に捉えられる
心の余裕をもってゆったり絵本を親子で楽しんで欲しい

そんな言葉が印象的でした。

親子の愛着関係が出来ていない子は、将来人をも信頼できない。

これはベビーマッサージでもいつもお伝えすることと同じです。
2歳までに、いかに親子の間の信頼関係を結べるか、そこが大事。

そんな関係を絵本の読み聞かせで育てることができる

怖い場面でも、ママがいてくれる
絵本を通しての会話で、投げかけたものにこたえてくれるママがいる

そんな経験を通してしっかりとした親子の絆を深めてことができる
絵本の時間。

これからも心に余裕を持ちながら、お子さんの様子をよ~く
観察しながら、ゆったりと育児の時間に取り入れて行きたいですね。


第二期も先生にお越しいただくお約束をしました。
今度は、「メディアと絵本、早期教育との関係」を今回よりも掘り下げて
お話いただこうと思っています。
ご興味のある方は、次回の募集を楽しみにお待ち下さいね。

関連記事

| イベント | 23:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。