0・1・2歳 子育て支援サークルベビママひろば(@港北区大倉山)

横浜市港北区大倉山にて0・1・2歳の赤ちゃんとママのための 育児交流会(ふれあい遊びと交流)をはじめ・リトミック・英語・骨盤エクササイズ、その他子連れで楽しめる単発イベントも企画していきます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

単発イベント【絵本講座】

昨日のママ向け連続講座(4回コース)【ママヨーガ】に引き続き、
今日は今期初の単発イベント【絵本講座】でした。

NPO法人[ 絵本で子育て] センターの絵本講師 北素子先生に
お越しただきました。
先生のブログはこちら

先生はとても気さくなお人柄で親しみやすく、説得力のあるお話
でしたね。

ママたちも「うんうん」と一生懸命お話に耳を傾けていらっしゃいました。
絵本への関心の高さがうかがえます。

会場内はにぎやかでしたが、赤ちゃんたちも、大きくぐずることなく、

絵本の読み聞かせの時間には 絵本を指差したり、
先生の前を陣取って楽しんでいる子もいて可愛らしかったです

P1080381.gif 
P1080386.gif 
P1080382.gif 
絵本のくまさんに「こんにちは」
P1080395.gif 

印象に残った部分をメモしてみました。

ママは文字を読むのに必死になりがち。でも子どもは”絵”が情報源。
色がきれい・絵が可愛い・物語に感動!!って所が基準じゃなく
しっかりと伝わる”絵”が書かれているものがお勧め。

古ければいいという訳ではないが、20年以上増刷を続けているものは
選ぶ一つの基準。

ママが見せたい本のポイントではない部分に子どもさんが興味を
見せても受け入れる。
 
どんどんめくってもOK。(指の運動)かじってもOK。
絵本を最後まで読むことを目的としない。
絵本以上に日々の語りかけ大事。
ママの声を聞かせてあげるの大事。それを習慣としていく。

読むのを1割、9割は表情を読む
読み聞かせの抱っこの仕方も 工夫。

読み聞かせ会やどんなアナウンサーより、ママパパが一番。
外のイベントで集中できなくてもOK。絵本をママが選ぶ参考の場
という位置付けで十分。

絵本を教材としない。感想を聞かない。余韻を楽しませてあげる。
寝ている間に頭を整理するもの。そして子どもは繰り返すことで
頭に入れて行くもの。
子どもは今を生きている。さっき読んだでしょは×。繰り返しを拒まないこと。

絵本は止まっている”絵”を頭で動かすことができる。
脳を積極的に使うことができる。ここはメディアと違う所。


などなど・・・。

今回は導入部分のお話をいただきましたのでまだまだ
聞いてみたい事たくさんありますね。

リクエストがあれば、第二弾もお願いしたいと思っています。
こんどはこんなテーマで聞きたい!!というリクエストメールで
お待ちしていますよ。

皆さんのご意見で作っていくサークルです。積極的にご意見どうぞ


今日はご参加ありがとうございました。

お忘れ物】お預かりしてますよ~
P1080396.jpg


関連記事

| イベント | 23:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。